ベビーシッター資格認定試験対策におすすめのテキスト&参考書

ベビーシッター資格認定試験を受験しようとされている方に、おすすめのテキストや参考書などをご紹介します。

 

試験対策の一つの手段として、お役にたてると幸いです。

 

ベビーシッター資格認定試験の勉強法

ベビーシッター資格認定試験を受験する際に、何かしらの対策を行うことと思います。

 

自宅で対策として学習する際、研修?・??などを受講した際の資料やノートなどを使用することはもちろんですが、その他にも役に立つものがあります。

 

それは、「ベビーシッター資格認定試験過去問題集」です。

 

過去問題集を使用して試験の対策を行うことは、ベビーシッター資格認定試験に関わらず、とても有効的な試験対策勉強方法です。

 

というのも、過去問題集を繰り返し使用し、間違った部分を覚えていく事によって、試験の傾向や、自分が理解できていない弱い部分を理解することができるからです。

 

そこで、全国保育サービス協会の「ベビーシッター資格認定試験過去問題集」がおすすめです。

 

こちらは書店では販売されておらず、全国保育サービス協会の公式サイトから直接購入することになりますので、注意が必要です。

 

100通以上のメッセージが収録されている本

ベビーシッターに関する生の声が100通以上も収録されている書籍があります。それは、「ベビーシッター〜家庭での子育てを支える〜」という本です。

 

こちらは試験対策というよりも、ベビーシッター資格認定試験に向けてのモチベーションを維持できるような書籍となります。

 

内容は、利用者様からのメッセージ、ベビーシッターからのメッセージ、事業者からのメッセージ、協会からのメッセージ、そして資料となっています。

 

育児や教育に関する問題、ベビーシッターの重要性などを知ることが出来る本となっています。

 

ベビーシッターとしての自覚を持つためにも、その立場の重要性を理解するためにも、読んで頂きたい本です。