ベビーシッターの担う役割とは?

元来社会性が備わっている人間ですが、それゆえに人の役に立つ事を自分の喜びに変える事ができるのでしょう。賃金のためだけではなく、自分の仕事が人を助ける事に貢献するなら、その仕事に対するモチベーションも明らかに変化します。

 

ベビーシッターという職業においても、ベビーシッターの役割が社会的にどんなに重要であるかを認識する事によって、より一層のプロ意識を持って仕事に取り組む事ができるでしょう。

 

子供の世話以上のベビーシッターの役割

ベビーシッターの仕事を大まかに表現すると子供の世話という一言に尽きますが、その世話といってもあらゆる分野が含まれます。子育てとは、ただ子供の衣食住の世話をするだけの事ではなく、その子供がどんな大人に成長するかに大きく関わる一大事業なのです。

 

そのサポートを担うベビーシッターは、幼少期の子供たちとこれからその子供たちが羽ばたくであろう広い現実世界の架け橋の役割を果たします。子供たちは、自分の両親以外の人間と関わることにより、徐々に社会性を培っていくのです。

 

子供の人格形成にも深く関わるベビーシッターの役割

子供が将来どんな大人になるのか、その子供の人生を大きく左右するであろう子供の人格形成に大きな役割を果たすのが、幼少期にどんな大人と関わってきたかです。その事からもベビーシッターが、如何に重要な役割を果たす仕事であるかという事が理解できるでしょう。

 

あらゆる事をまるでスポンジの様に吸収する幼児期、ベビーシッターがその子供にどの様に接するか、またはベビーシッターの持つ価値観なども知らず知らずの内に身につけて行く事になるのです。

 

その他にも、ベビーシッターという仕事は、保護者の方のストレスを軽減するという大きな役割を果たします。核家族化して久しい現代の日本社会において、楽しいながらも責任の伴う子供を育てるという大切な事が、親だけの肩に重くのしかかっている為、援助を必要としている方は本当に多くおられる事でしょう。

 

そんな中、ベビーシッターの役割は社会的にも、益々大切なものになってきているのは事実と言えるでしょう。