ベビーシッターの資格を独学で取得する事は出来る?

ベビーシッターとして働きたいけど、通学講座や通信講座で学ぶ時間や経済的な余裕もない、と思われる方がいらっしゃるかも知れません。ベビーシッターの資格を独学で学べれば一番よいですが、果たして独学でも取得できるものなのでしょうか。

 

知識の独学は可能

実際にはベビーシッターの仕事をするのに必要な資格というものは存在しません。もちろん、それは国家資格が必要ではないという意味ですが、例えば一般的な職業の求職活動においても特に資格は必要ないが、どれだけのスキルを持っているのかを会社側にアピールするために時として役立つのと同様です。

 

そう言った点から考えると、ベビーシッターの仕事を独学で取得する事は可能と言えます。ただし、それがベビーシッターの資格となると、ベビーシッターとしての資格を与えてくれる民間の通信講座や通学講座などでは、講座受講が資格付与の条件となっていますので、独学という意味では少し違ってくるかも知れません。

認定ベビーシッターの試験勉強は独学で

次にどうしても資格が欲しい場合、認知度が高いベビーシッターの資格として公益社団法人全国保育サービス協会が交付している民間の認定ベビーシッターの資格がありますが、この資格を得るためには協会主催の試験を受験しなければなりません。

 

その受験のための勉強は自分で独学した方が良いでしょう。受験条件として、協会が主催する二つの研修を受ける必要がありますが、この研修参加のみでの試験受験では心もとないとおっしゃる方ならなおの事、本屋の店頭に並べられているベビーシッターに関しての参考書などを頼りに独学で学ばれるなら、よりスムーズに資格取得をする事が出来るに違いありません。

 

いずれにせよ、真剣に仕事に取り組むという意味で、常に新しい知識を身につける必要があるのはどのような種類の職業でも同じです。ですから、ベビーシッターの仕事に就かれた方でも、仕事をしながら常に独学で学ぶ姿勢が大切になってくる事でしょう。