ベビーシッターの求人状況はどうなの?

待機児童が増えているという中で、ベビーシッターの需要はとても高まっています。いつでも気軽にこどもを預ける事ができるという事で、利用される方も多いサービスとなっています。

 

そんなベビーシッターですが、求人状況はどのようになっているのでしょうか。ここでは、ベビーシッターの求人状況について見ていきたいと思います。

 

ベビーシッターの求人は多い?少ない?

ベビーシッターの求人がどの程度の数出されているのかという事を調べるため、とある求人サイトで検索してみました。

 

検索条件は指定せずに、ベビーシッターという職のみでの検索を行った結果、全国に3,100件程度の求人があることが分かりました。

 

ですが、あくまでも一つのサイトのみでの結果ですので、他の様々なサイトやフリー求人誌などを見てみると、まだまだ求人はあるという事が言えます。

 

一つの求人サイトのみでも、全国で3,000件を超える求人数ですので、そこまで少ないわけではないという事が言えるのではないでしょうか。

 

募集内容はどんな感じ?

気になる募集内容ですが、まず雇用形態はアルバイト・パート・派遣が多く、正社員での雇用というのはあまり見られません。

 

パートやアルバイトの場合、時給は780円?2,000円までとても幅広く、大体のところが1,200円程度となっています。

 

正社員の場合、月給が約23万円程度となっており、資格手当てが支給されるようです。

 

未経験OKの記載がある求人もありますが、やはり「認定ベビーシッターの有資格者」という記載も目立っています。

 

ベビーシッター資格のほかにも、看護師・保育士の資格があるという方を優遇するというところも、割と多く見られました。

 

また、ブランク有りの方も歓迎される傾向があり、復職もしやすいという事が言えそうです。

 

職場としては認可保育園、美容室のキッズルーム、院内保育室、保育園などがあります。

 

このように、正社員だけでなくパートやアルバイトなどでの勤務が可能となっていますので、自分の生活スタイルに合わせた勤務を行うことが出来ます。

 

空いた時間に少しだけという働き方が出来るような求人も多くありますので、一度確認してみてくださいね。