ベビーシッターとは?

ベビーシッターの仕事に興味を持っている方は多いと思います。

 

保育園などへの入園待機児童が増加しているとされている中、ベビーシッターは需要の高い仕事と言えます。

 

では、このベビーシッターとはどのような仕事を行うのか、どのような人を指すのか、ここでご紹介していきます。

 

ベビーシッターとは?

ベビーシッターは、一言で言えば、”依頼主の家庭の教育方針に従い、こども達のお世話をする”という仕事です。

 

自分自身の考え方を反映させて保育が出来るというわけではありません。依頼主の方からの要望があれば、その通りに保育を行っていきます。

 

活躍できる場所には様々なところがあります。

 

具体的に挙げるとすれば、保育園、自宅、企業の保育室、イベントの保育スペース、依頼主の方の自宅など、様々な場所があります。

 

今では、映画館やホテルなどでもベビーシッターの需要があるとされています。

 

働き方にもとても様々なものがあります。

 

例えば、朝からお昼までの時間のみ預かったり、午後のみ預かったり、土日だけ預かったりと、決められた時間の中で保育を行っていきます。

 

そのため、時間に余裕を持って働く事が出来ると言えます。

 

休日のみベビーシッターとして働き、平日は別の仕事をするというように、Wワークも可能となっています。

 

依頼主の方の自宅に訪問し、保育を行っていくという場合には、特に必要となる道具などがありません。

 

遊び道具やおもちゃなども、その方の自宅にあるものを使用しますので、こちらで用意すべきものが無いのです。

 

そのため、ベビーシッターとして働くために特別な費用が必要となることがありません。

 

自宅で開業するとなると、部屋の整備や道具などを揃えたりする必要があります。

 

ただ、トラブルが発生することも考えておかなくてはなりません。

 

例えば、こどもが怪我をしてしまったという場合や、依頼主の方の私物を壊してしまったという場合です。

 

そのような場合には、謝罪はもちろん、下手をすればそれだけでは済まなくなります。

 

十分注意を払い、ベビーシッターとして他人のお子様を預かるという自覚と責任を持って働く必要があります。