ベビーシッターと幼稚園教諭の違いとは?

ベビーシッターと幼稚園教諭の違いには、どのようなものがあるのでしょうか。

 

ベビーシッターを目指す場合には、やはり他の職との違いも理解しておいた方がいいと思います。

 

ここでは、ベビーシッターと幼稚園教諭の違いについてご説明します。

 

ベビーシッターと幼稚園教諭の違いとは?

ベビーシッターと幼稚園教諭の違いについては、どのようなものがあるのでしょうか。

 

まず、幼稚園教諭について見ていこうと思います。

 

幼稚園教諭

幼稚園教諭は、小学校に入学するまでのこども達が、社会で生活していく上で必要となる事柄を身につけるための指導を行う役割を担っています。

 

そもそも幼稚園は、保育施設ではなく、養育を行っていく学校となっています。となると、当然幼稚園教諭は「先生」になります。

 

そのため、幼稚園教諭の資格を取得していない方は、幼稚園にて養育に携わる事が出来ないことになります。

 

保育を行うのではなく、小学校に入学していくために、様々な常識やルールなどを指導していく役割となります。

 

ベビーシッター

ベビーシッターは、依頼された方の自宅に伺い、その保育を行っていく事が仕事となります。

 

基本的に、幼稚園教諭が多くのこども達を対象とするのとは異なり、一人のこどもに対して一人のベビーシッターという体制です。

 

幼稚園教諭とは異なり、ベビーシッターには必ず必要となる資格はありません。

 

ですが、ベビーシッターの資格を取得することによって、保護者の方から信頼を寄せてもらう事が出来るために、資格は必須だと言っても過言ではありません。

 

その仕事に専門性を持たせたり、自分の仕事に自信を持つためにも、取得しておくべきでもあります。

 

保育園の待機児童が多い中で、時間や場所に融通の利く仕事として、人気となっています。

 

開業できるという事もあり、働き方にも幅があります。

 

このように、仕事内容やその役割、働く場所など、ベビーシッターと幼稚園教諭には様々な違いがあります。