ベビーシッター|資格の種類はどんなものがある?

ベビーシッターの資格には、種類があるというのをご存知でしょうか。

 

ここでは、資格の種類について、ご説明していきます。

 

ベビーシッターの資格の種類は?

ベビーシッターの資格にはいくつかの種類があるのですが、それぞれの団体が認定している民間資格となっています。

 

代表的なものとしては、以下のようなものがあります。

 

認定ベビーシッター

公益社団法人 全国保育サービス協会<旧:全国ベビーシッター協会>

 

ベビーシッター資格

一般社団法人 日本能力開発推進協会<JADP>

 

代表的なものとしては、上記の2種類の資格です。

 

認定ベビーシッター

こちらの資格は、取得方法が2種類あります。

 

まず一つ目として、協会が実施する2種類の研修会を修了し、認定試験に合格するというものです。

 

この方法には、受験資格が設けられています。

 

・満18歳以上であること
・新任研修を受講し、修了証があること
・現任?研修を受講し、修了証があること
・ベビーシッターの実務経験があること(在宅保育・保育ママ・ファミリーサポートセンターなど)

 

これらの受験資格の全てを満たしている必要がありますので、注意が必要です。

 

そして、二つ目として、協会が認定する保育士養成施設にて、保育士の資格の取得や指定科目および、在宅保育に関する科目の単位を修得し卒業するという方法です。

 

合格すると、認定ベビーシッター協会に登録され、登録証の初回有効期間が5年、更新後は無制限となります。

 

ベビーシッター資格

こちらの資格にも、受験資格が設けられています。

 

「協会が指定する認定教育機関などが行う教育訓練において、その全てのカリキュラムを修了した者」となります。

 

カリキュラム修了後には、在宅にて受験することになりますので、比較的受験しやすい試験とも言えます。

 

このように、2種類の資格の概要を見てみると、認定ベビーシッターは実務経験なども必要となりますので、すぐには取得できない資格と言えます。

 

早く取得したいという場合には、一般社団法人 日本能力開発推進協会<JADP>のベビーシッター資格がおすすめです。