ベビーシッターの仕事内容とは?

世間においてのベビーシッターの仕事内容の認識とは、子供のお世話をする仕事というものが一般的でしょう。ですから、実際にはベビーシッターが子供のお世話以外のもっと広い範囲で活躍できる事を知って、驚かれる方も多くおられます。

 

では具体的に、ベビーシッターという職業に一体どんな仕事内容が包括されるのでしょうか。

 

保育のプロとして大変重要な仕事

ご存知の通りベビーシッターは国家資格を必要とする仕事ではありませんが、ベビーシッターが果たす社会的役割はとても重要なものです。何故なら日本の将来を担っている子供たちの人格形成に多大な影響を与える機会もありますし、その子供たちの教育育成の援助をする事になるからです。

 

ベビーシッターの主な仕事はもちろん、子供の世話全般とその成長をサポートする事ですが、その中でも各家庭の教育方針や要望に沿った、家庭教師的な役割を果たす事もあります。

 

子供の知育についての知識はもちろん、音楽や語学、美術などの方面での知識を求められる事もありますが、その際は仕事を請け負う際に保護者の方との話し合いで取り決める事ができます。

 

子供の世話以上の事でも大活躍

子供の成長をサポートする以外にも、その保護者の方をあらゆる面において援助する事もベビーシッターの仕事となります。産後や病気で自由が利かない保護者の方に代わって、家事全般やその他の雑用を行うのもベビーシッターの仕事内容に含まれます。

 

その他にも病児保育や障害児保育といった、病気がちな子供たちのサポートをする事もありますが、病気についての知識など専門的な知識が必要となるでしょう。家庭内におけるそれらの子供たちの世話全般に加え、病院への付き添いやその子供を持たれる保護者の方の支援を行います。

 

一概に子供の世話といっても、ただ単に子供と共に時間を過ごすだけではなく、その子供の知育から安全面、生活行動の全般において指導や付き添いをし、その保護者の方と子育てにおいて連携プレーをする事も求められる、非常に重要な仕事と言えるでしょう。