ベビーシッターのお給料はどれくらい?

いくら好きで就いた仕事でも、労働時間や労働条件に納得出来なければ、その仕事を長く続けて行く事は難しいでしょう。特に私達の生活に直結してくるであろう、お給金の問題は仕事を選ぶ際にも大きな判断材料となってきます。

 

ベビーシッターになりたいと思っておられる方は、きっとベビーシッターのお給料が実際どのくらいのものであるか、知りたいと思っておられる事でしょう。その相場を知る事によって、どのくらいの時間働けば良いか、労働時間の目安を定め易くなります。

 

ベビーシッターのお給料は時給制が多い

乳幼児や子供の一時預かりなどのお世話の場合、多いのは時給制です。仮にベビーシッター斡旋会社や登録会社に登録している派遣性のベビーシッターだったとしても、ほとんどは時給制の形態を採っています。

 

その場合の気になる相場ですが、時給1000円から1500円までの間がおよその相場となています。会社側で保険料金や斡旋手数料を上乗せしているので、ベビーシッターサービスを利用される保護者の方々が払う額は、その倍額以上と考えられます。

 

サービス内容によっても違ってくるお給料

早朝や深夜帯での利用、家庭教師としての役割も果たすベビーシッターであるならば、相場の時給に加えて、さらに500円から1000円ほど上乗せされた金額の時給になるでしょう。

 

また資格保有者や経験等において、またその他にも派遣会社経由でか個人間での契約かにもよって多少の違いはあります。もしもベビーシッターサービスを利用されたいという保護者の方の自宅が遠いようであれば、交通費の支払いについても忘れずにお願いしましょう。

 

病時保育や障害保育など、一定期間同じ職場である場合は時給か月給かを、保護者の方と話し合いながら取り決める必要があります。一般的には、沐浴や外出同行などがある場合少し時給が高くなる場合がありますが、それについても話し合いを持たれる方がよいと言えるでしょう。