ベビーシッターの資格を取得するには?

ベビーシッターの資格を取得するには、どうすればいいのでしょうか。

 

ベビーシッターとして働きたいという方にとっては、取得方法は気になるところだと思います。

 

ここでは、ベビーシッターの資格を取得する方法について、ご紹介します。

 

ベビーシッターの資格にはどのようなものがあるの?

ベビーシッターの資格には、主に以下のようなものがあります。

 

◎認定ベビーシッター(公益社団法人 全国保育サービス協会<旧:全国ベビーシッター協会>)
◎ベビーシッター資格(一般社団法人 日本能力開発推進協会<JADP>)

 

いずれも民間資格となっていますので、このような種類によって、取得方法が異なります。

 

以下で詳しい取得方法について、見ていこうと思います。

 

ベビーシッターの資格取得方法

ベビーシッターの資格を取得する方法は、それぞれ以下のようになっています。

 

認定ベビーシッター

認定ベビーシッターの資格を取得するには、受験資格を満たす必要があります。

 

その受験資格とは、以下のとおりです。

 

・18歳以上
・研修?と研修?を受講し、修了証がある
・実務経験がある

 

この全ての資格を満たしている場合にのみ、認定ベビーシッターの資格試験を受験し、資格を取得することが出来ます。

 

実務経験とは、保育ママ、在宅保育などの経験のことを指します。

 

受験の際には、実務経験証明書が必要となるのですが、必ず所属事業所の代表者(責任者)の証明と押印が必要になります。

 

ベビーシッター資格

こちらの資格を取得する際にも、受験資格を満たす必要があります。

 

その受験資格とは、協会が指定している養成機関などが行っている教育訓練のカリキュラムを修了した者となります。

 

カリキュラムを修了した際には、在宅にて受験が可能となります。

 

この資格試験に対応している講座としては、以下のようなものがあります。

 

キャリアカレッジジャパン

キャリアカレッジジャパンは、一般社団法人 日本能力開発推進協会<JADP>の認定を受けているスクールとなります。

 

学習期間は4ヶ月程度で、高度な知識と技術を証明するプロとなれます。

 

キャリアカレッジジャパンの講座を受講することで、試験は在宅受験となりますし、いつでも何度でも受験することが可能となります。

 

自宅でしっかりとしたカリキュラムや講義を学ぶ事が出来るのは、認定校である証です。

 

そのため、安心して学習を進めることが出来ます。