ベビーシッターの年収はどれくらい?

晴れてベビーシッターとしての仕事に就けたとしたら、出来るだけ長く働いて行きたいと願うのは当然の事でしょう。労働形態にもよりますが、ベビーシッターの年収の相場を知る事は、働く意欲を高めるのにも役立つ事と言えるでしょう。

 

モチベーションをあげるのに役立つ

当然の事ですが、時給制である事の多いベビーシッターという仕事は、どれくらいの時間働くかによって月ごとに貰うお給料の額が変わってきます。しかし逆に考えると、働けば働くだけ、そのお給料とベビーシッターとしての年収が上がっていく事になります。

 

いわば自分の努力次第で、ベビーシッターとしての年収を上げる事が可能になる訳ですから、働く際のモチベーションをあげるのに役立つと言えるでしょう。

 

因みに、ベビーシッターの平均相場が1000円とすれば、半日勤務で(4〜5時間ほど)あったとしても日給5000円程になります。月の半分を仕事に当てるなら7万円以上のパートタイムの仕事と変わらないほどの金額になるでしょう。

 

年間を通してのベビーシッターの年収なら、そのペースで約84万円ほどの収入がある事になります。

 

勤務形態によっても変わってくるベビーシッターの年収

最近非常によく見られる一時託児施設を併合した娯楽施設などにおいて、勤務している場合なら時給制より月給制となっている場合が多いかも知れません。その場合の相場はおよそ平均して16万円ほどとなっているので、ベビーシッターの年収は200万円弱となります。

 

しかしながら、もしも個人としてベビーシッターの仕事をされているならどうでしょうか。派遣会社に登録せずに働く全くのフリーランスの場合は、まず安定した職場を確保する事が大変難しいと言えます。単発の仕事ばかりで定期的な仕事を得られないならば、その年収はあまり期待できる額にはならないでしょう。

 

ベビーシッターという仕事への取り組み方が直接お金に換算されてしまうので、自分がどの様なスタンスでこの仕事を続けていくのかを考える必要があります。