ベビーシッターの資格を最短で取得する方法

ベビーシッターとは?

子供のイラスト

ベビーシッターとは、個人宅・民間の託児所・企業・イベント会場等の様々な場所において、約6ヶ月〜12歳くらいまでの子どもたちの保育・世話を行う仕事です。

 

資格を取得後、派遣会社等に登録して、派遣・アルバイト・パートとして働くのが一般的的ですが、最近では、保育所やホテル、デパート、企業のベビールーム等で正社員として働いたり、自身の経験を活かして独立開業をする方も増えてきました。

 

ベビーシッターになるには?

ベビーシッターイラスト2

「待機児童問題」などで、一層の需要が見込まれるベビーシッターの仕事ですが、資格を最短で取得するにはどのような方法があるのでしょうか?

 

資格には、いくつかの種類がありますが、代表的なものは、一般財団法人 日本能力開発推進協会(JADP)が認定するベビーシッター資格と、公益社団法人 全国保育サービス協会が認定する認定ベビーシッターの2つに分けられます。

 

最短で取得できるのはどちら?

ベビーシッターイラスト

上記2つのうち、資格を最短で取得できるのは、JADP認定「ベビーシッター資格」。最短1ヶ月程度で資格の取得が可能です。

 

また上記2つに比べ歴史はやや浅いものの、ニチイの「ママヘルパー」も短い期間で実践スキルが身に付くと評判で受講者数が増えています。

 

いずれにせよ、最短で資格の取得を希望するなら、スクール(通学)、もしくは通信講座を受講する必要があります。

 

講座を比較するなら?

ブラッシュアップ学びキャプチャ

ブラッシュアップ学びロゴ
「ブラッシュアップ学び」は、利用者数No.1の通信講座&スクール情報サイトです。評判の良いベビーシッター講座を一覧比較&一括資料請求ができるので大変便利です。講座は複数ありますが、それぞれに特徴があり、学習カリキュラム、取得できる資格や料金も異なります。これから資格取得を検討中の方は、よく講座の中身を比較し、納得したうえで受講を申し込むことをおすすめします。もちろんサービスは無料で利用できます♪

 

申込みボタン

 

 

資格は本当に必要?

ベビシッタ-イラスト

ベビシッターの場合、幼稚園教諭や保育士とは異なり、特別な資格が無くても働くことはできます。

 

つまり言い換えると、仕事に就きさえすれば、誰でもその日からベビーシッターを名乗ることができるのです。

 

しかし、これはあくまで法律上の話であって、専門知識が全く無い状態で保育の仕事と関わっていくのは並大抵の事ではありません。

 

第一大切な子供を預ける親の立場から見れば、どんなに一生懸命子供の世話をしてくれたとしても、保育を実施しているのが無資格者であれば、どうしても不安や不信感を拭い去るのは難しい、というのが本音ではないでしょうか。

 

資格を取得するメリット

そこでベビーシッター資格を取得することで、就職する際に有利に働いたり、待遇の向上や将来のキャリアップを目指すことができます。

 

そして何より資格は、顧客の「安心」「信頼」を得ることに繋がります。

 

「育児経験がある」というだけでなく、保育や子供の安全に関わる知識を持ったベビーシッターのニーズはさらに高まっていくと予測されており、これからベビーシッターを目指す方は、必ず資格を取得しておくことをおすすめします。

 

講座を選ぶ際に気をつけるべきポイント

子供のイラスト

効率よくベビーシッターを目指すなら、講座の受講は必須。

 

申込み後に、「こんなはずじゃなかった…」と後悔しても後の祭りです。最低限、以下のポイントは事前に確認したうえで申込みましょう。

 

取得できる資格

一概に「ベビーシッター」と言っても、講座によって取得できる資格が異なります。

 

例え料金が安く短期間で取得できる資格であっても、知名度が低く、誰も知らない資格を取得してもあまり意味がありません。

 

せっかく勉強するのだから、JADP、日本医療教育財団などの実績豊富な団体が発行する資格を取得しましょう。

 

適正な受講料

3万円ほどで受講可能な講座から、50万以上するものまで様々です。

 

「とにかく安ければ良い」という訳ではなく、内容と料金が見合った講座を選ぶことが大切です。

 

また受講料以外に、教材や認定料などが別途かかる講座もあるので、事前にトータル金額を確認してから申し込みましょう。

 

テキストの分かりやすさ

効率良く学習を進めていくうえで、テキストの良し悪しは重要です。

 

事前に無料パンフレットを取り寄せれば、どんなテキストを使って学習していくかを確認することができます。

 

文字だけではなく、図やイラストなどが多様されていてポイントが分かりやすいものを選びましょう。

 

受講形態

ベビーシッター講座の受講形態は、大きく分けてスクール(通学)or通信のどちらかになります。

 

また最近では、インターネットを利用して自宅でスクーリング授業を受けられる「eラーニング」を導入している講座もあります。

 

自分の生活スタイルに合わせて、無理の無い学習計画を立てましょう。

 

就業サポート

講座修了後に、就・転職を無料でサポートしてくれる講座もあります。

 

専任コンサルタントが希望の職場を紹介してくれたり、求人サイトやハローワークには出回らない待遇の良い求人を優先的に斡旋してくれる講座もあります。

 

就業を検討している方にとって、これほど心強いものはありません。

 

過去の就業実績は、全て無料パンフレットに掲載されているので、よく確認したうえで申込むことをおすすめします。

 

講座を比較するなら?

ブラッシュアップ学びキャプチャ

ブラッシュアップ学びロゴ
「ブラッシュアップ学び」は、通信講座&スクール情報サイトです。評判の良い講座を一覧比較&一括資料請求できるので便利です。講座は複数ありますが、取得できる資格・料金・サポート体制などが異なります。受講を検討中の方は、後々後悔しないように、よく講座の中身を確認したうえで申込みましょう。パンフレットには、無料とは思えないほど豊富な情報が掲載されており、パラパラと眺めているだけでも楽しいです。

 

申込みボタン

 

 

 

 

 

 

 

 

【当サイトについて】

現代社会の忙しいお母さん達の心強い味方である、ベビーシッターの資格、保育士資格や幼稚園教諭免許を是非取ってみたい、と思われる方もきっとおられる事でしょう。望むか望まないかに関わらず、近年では子供を持つ母親達の社会復帰が早まってきていることも影響しているのでしょう。ペットシッター資格資格と同様、国家資格ではなく民間の資格に相当するベビーシッターですが、実は大きくJADPと全国保育サービス協会が認定する資格の2つに分けられます。全国保育サービス協会「認定ベビーシッター」の場合、2つの研修会を修了後、試験に合格する必要があるのに対して、JADPはカリキュラム修了後に在宅で試験を受けられるので、より短い期間で取得が可能です。ベビーシッターの資格の取得方法として一般的なのは、通信教育の講座を受講する通信スタイルかスクールに通う通学スタイルを取るかになります。在宅による自分のペースで学べる通信教育での講座終了期間は、大体どこの通信講座においても平均して3,4ヶ月ほどとなっています。一方、ニチイの教室などで通学スタイルでの資格取得を考えている人でも、最短で2ヶ月ほど平均して3ヶ月と考えておくと良いでしょう。また全国保育サービス協会認定のベビーシッターは、前述した様に研修終了後に認定試験を受ける必要がありますが、この試験が年に一度しか実施されないので、実務経験を積む事なども考慮すると、ベビーシッターの資格取得を目指してから実際の取得に至るまで、最短でも半年以上1年未満の期間が要されます。

 

更新履歴